--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/30 Thu  15:43
おろかな訪問者

昨日、子猫の夕食が終わりお風呂を沸かしている間のひと時。
「ピンポーン♪」チャイムがなりました。

我が家には、某家電(なのか?)が屋外にあります。
それなりに大きいので、みれば誰でもすぐわかります。
一家に二個以上は必要ありません。
説明が長くなるので以下これを、ドラえもんと表現します。

訪問者「こんにちは。私、○○サービスの○○と申します。この地域の担当で・・・・・(ごちゃごちゃ)、奥様にお話したいことと、ご主人様にお渡しいただきたいものがございますので玄関口まで。」

きらいですねー。この言い方。
まず、「奥様には話しだけ。ご主人に資料を渡したい。」 これはいけません。
訪問販売に「主人に相談しませんと♪」ってのはようするに断る口実であって
売る側から「どうせご主人が考えるんでしょ?」なんて態度。これはよくない。
しかも「玄関口まで」。この言葉も大嫌い。しかもインターフォンのモニターみてたら
さっさと玄関方向へ歩き出したし。(インターフォンから少し離れてる。)
そもそも、うちインターフォンに「勧誘お断り」と書いて貼ってあるのに・・・。

ま、ちょっと暇なので、とりあえず出てみた。
とりあえず先制攻撃。
猫「いま、火ぃ使ってるんで、手短に。」
訪問者「えっ?そうなんですか!?」
いや、普通にありえる話やろ・・・・・。18時半やで。ビーフシチュー煮込んでるねん。

訪問者「私この地域を担当してます○○と申しまして、本日はドラえもんのご紹介で・・・・・。」
猫「ドラえもん・・・・・。って うち、ドラえもんいるけど?」
訪問者「えっ・・・。あっ・・・。みないで来ちゃいました。(^^;;」
売るつもりで来たんやったら、ちょっとは先に家の周りみようよ。
猫「見てからきてください・・・。」

とっととお引取り願いました。

帰ってきたダンナに即報告です。
猫「今日な、ドラえもん売りに来たで。うち、ドラえもん居てるのにな。」

ダンナの感想です。
「おろかな・・・・。」

なかなか手厳しいな。
スポンサーサイト

2011/06/29 Wed  21:16
うりふたつ

先日のこと、リビングでパソコンをしていた私の横にあった本を取ったダンナ。
そのままソファに座って読もうと持っていきました。
が、5秒もしないうちに「間違えた。」と返しに来たのでみたら子猫の愛読書。

ダンナが読もうとした本と子猫の愛読書。
いわれてみれば、裏表紙の雰囲気がなんか似てる~。

P1010079.jpg

裏表紙の広告なんてさほどみないし、確かに間違えても不思議ではない。

そして、翌朝。
リビングに放置されていたダンナの読んだ本。
そのそばに私がいると、子猫がやってきてふとページをめくり、
パタッと閉じるとどこかへ行ってしまった。
しばらくすると、子猫の愛読書を探して私の横に持ってくると読み出した。
ねこどん・・・・あんたもか。あんたも間違えたんか・・・・。

おやこ
父娘やねぇ・・・・・。

ちなみに表表紙はこんな感じ。

P1010080.jpg

そりゃ間違えても不思議ではないわな。

2011/06/27 Mon  23:27
ニュース

先日のこと、帰宅早々開口一番ダンナはいう。
「良いニュースと悪いニュースがあるけどどっちから聞きたい?」

猫「じゃあ、悪いニュース。」
ダ「・・・・・・。良い方から聞かない?」
(想定外だったらしい。)
猫「・・・・・・。じゃあ良い方からでいいけど。」

良いニュース:「今年は夏休みがある。」
 ダンナの会社、それなりにでかいくせに夏休みがない。
 例年は、7月~9月の間に2日間適当に休んでもよい権利が年休とは別にもらえるだけ。
 私はお盆の時期に1週間(休日2日+有休奨励日3日)丸々休みだったけど、
 交際中、ダンナはそこに合わせて休んではくれず、
 何故か毎年「8月第一日曜日の翌月曜日」を休みにしてた・・・・・。

 今年はなんと、7月~9月のどこかで、5日間連続休みを取ることが可能なんだそうで。
 さてどこに出かけましょう??

ああそういえば、悪いニュースまだ聞いてなかった。
悪いニュース:「その代わりに11月の祝日が休みじゃなくなった・・・。」

なんで「どっちから聞きたいか選択させよう」と思ったのかが知りたい(^^;;

2011/06/24 Fri  00:11
催促

例によって嫁姑対決モノではありません(^^)

「転居のお知らせハガキ」当選者の義叔父(義母の弟)が、義母に「当選報告」をしたらしい。
ダンナ判断で落選だった義父母。義叔父からの報告で落選を知った義母。
催促のメールが届きました。「うちにも送って」と。

うちに2回も来てくださったのに?
郵便、1回送ってくださったのに?
電話、3回も掛けてくださったのに?

新住所と新電話番号しか書いていませんよー。
なにか面白いものを期待されてるんだろうか。
あ、あとアレが書いてあったな。
「お近くにお越しの折にはぜひお立ち寄り下さい。」
うん。ハガキ持ってすぐに来ちゃいそう(^^)

おかーさん。それ超有名な社交辞令ですから(^^)

2011/06/19 Sun  12:02
完成

転居前は、家から徒歩1分のところに大きなスーパーがあったので
買い物はほぼそこですませていました。
引越ししてびっくりしたのですが、こちらはスーパーでの物価が安いっ。。。
主婦歴2年、いつも同じスーパーでしか買い物したことないので
あんなもんかと思ってました(汗)

どうりで他人さんとの会話が成り立たないわけだ。
以前、月の食費は?ってな話題になったときに、
友人に金額をいうと、「私、その○分の一でやってたけど?」と失笑され、
義母には、「えー?そんなに安いの?」と驚かれ。

さてさて、「不便なので早く車が欲しく」「物価が安い」
そんな街に引っ越した私たち。どんな田舎??
すでに横浜脱出? 関西凱旋? 転勤? それとも 同居?

続きは、「転居のお知らせ」で。


発送をもって発表に代えさせていただきます(^^)

2011/06/10 Fri  16:59
センターあらそい

今話題のセンターあらそいといえばAKB総選挙。
さほど興味はありませんが、まぁやってることは知ってる程度です。

日テレ系の朝の情報バラエティ「スッキリ!!」で、芸能コーナーがあります。
"AKB大好き"な南キャン山ちゃん vs "全く興味なし!"なメインMC(加藤浩二&テリー伊藤)の
いつもの構図。

ところが最近、ちょっと違和感。いや、ものすごい違和感。
総選挙の話題になると、メインMCの二人 持ち上げる持ち上げるっ
「いやー、こういう企画は日本中が元気になるよねぇ」とか。

やっと理由がわかりました。
総選挙の生中継を日テレ系の番組でやってたんですね。
大人の事情でしたか・・・・・。

それよりも、私が今注目の地味なセンターあらそいは「おかあさんといっしょ!」
「うたのお姉さん」のたくみお姉さんと、「ダンスのお姉さん」まゆお姉さん。
基本はたくみお姉さんがセンターのようですが、あまりピンでの活動はない。
私は、ちょっと作った感のある笑顔のたくみお姉さんより
断然まゆお姉さん派なのでまゆお姉さんのピンのコーナーが好きです。
子猫もまゆお姉さんのコーナーは喜んでみてるし。。。

ちなみに、うたのお兄さんと体操のお兄さんのセンターあらそいには
全く興味ありません(^^)
そもそも見分けがつかん・・・・。

2011/06/05 Sun  00:28
ひっこしよもやま話(3)

【段ボール攻防戦】

引越し業者に依頼すると一見タダでもらえる段ボール
(もちろん料金のうちでしょう。)
今回依頼した引越し業者(以下P社)の手馴れた営業さんが
必要な段ボールの個数を見積もってどーんと置いていってくれます

話はさかのぼること2年。
私が京都から横浜へ引っ越してくる際のお話。
そのとき利用した引越し業者はQ社さん。
もらった段ボールは、最終的に大小あわせて7~8個ほどあまりました。
もらっておけば何かに使えるかな?と透明の大きなゴミ袋にまとめました。

でも引越し業者にとっては、未使用段ボールは1個でも回収したいところ(多分)。
余った段ボールをもらっちゃいたい私と、回収したい業者。
これはその攻防戦の記録なのです。

《攻防戦1 vs Q社 -荷物搬出時-》
あらかた荷物を運びだして(運ばないものもある)
Q「お運びするお荷物は以上でよろしいですか?」
なぜか部屋に残されている段ボールの袋・・・。
Q「これはひきとりましょうか?」と聞かれるその前に、
猫「あ、その段ボールもお願いしますね(にっこり)」
Q「あ。はい。」

《攻防戦2 vs Q社 -荷物搬入時-》
トラックの中の荷物を搬入し終えて・・
Q「ではトラックの中が空であることを確認お願いします。」
いや、トラックの中は確かに空でしたよ。
しかし、段ボールはトラックの外の毛布などの梱包材と一緒においてある。
猫「・・・・・・」無言で段ボールを見つめる。
Q「あっ。それはこれからお部屋にお運びしますんでっっ」

そして今回の引越し。
もちろん今回ももし余ればもらっちゃう気満々です。
大きさの揃っているきれいな段ボールはなにかと便利なので。

引越し時点で、Q社の段ボールは大2個・小2個残っており、
P社の段ボールも大小数個ずつ余りました。
規格があるのか、P社もQ社もほぼ同サイズ。
それぞれ段ボールを次のように束ねます。
  (大)Q・P・P・P・Q
  (小)Q・P・P・P・P・Q
それをヒモでぐるっとしばると・・・・・。
あら不思議。(P社から見て)他社の段ボールの塊にしか見えません。

《攻防戦3 vs P社 -荷物搬入時-》
敏感に自社の段ボールの気配を感じ取ったP社。
早いうちにトラックから降ろされたのに、
ほぼ最後まで搬入されずにトラックの横に置かれたまま。
とはいっても見た目は他社段ボール。
これはさすがに「もって帰りましょうか?」なんていえなかったようで、
気が付いたら家の中においてありました。

ふぅ・・・。守りきった・・・。。
(私は"守備側"のつもりですが、あちらからすれば私が"攻撃側"なのか!?)

2011/06/04 Sat  11:04
訂正人生

この日記は、猫一家の本名をご存知の方はよりお楽しみ(?)いただけると思います。

さて、私の本名は漢字一文字、たいてい読んでもらえますが、
日常で使う漢字ではないので、たまになんて読むんですかと聞かれます。
普通に読みを答えますが、別にいやな気はしません。
が、「ず」を「づ」と書かれると、かなりいやです。

さて、子猫の本名。
これはダンナのこだわりで、一発で読めるように、
そして読み間違えられることがないようにつけてあります。
なんて読むのかさっぱりわからなかったり、クラゲって読めたり、トコロテンって読めたり
読み間違えられては訂正訂正の人生なんてかわいそう。

そしてダンナ。
私が最初に本名を見たときはすぐに読めました。
別に難しくもなんともないと思ってます。

しかぁし、最近 転居したてということもあり、やたら宅配便やら郵便が届きます。
最近の方針なんでしょう、玄関先で荷物を渡す前に 一緒に宛名シールを見て
名前を読み上げ確認されるのです。
「・・・コウジ(仮名)さんでお間違いないですね?」
「ヒロシ(仮名)ですけど。」
「あ。すみません。」
こんな会話の繰り返し。
電話とかでも同じ。
なんでわざわざ難しく読むのか謎。

訂正人生なんて無縁と思っていたのに・・・・・。
まさかまさか、ダンナの名前の訂正人生が始まろうとは・・・・・。。。

いっそ、間違えられたまま放置しておいてもよいのか?
そのほうが、「振り込め詐欺」にひっかからないかも?

余談ですが、ダンナは漢字表記もあちこちで間違えられるらしく
かなりご立腹です。

       ≫ 2011年07月

Nekological

Nekological
Nekological

Profile

あずさ猫

【猫一家紹介】
あずさ猫:
京都市生まれ・京都府育ち。
現在、横浜で専業主婦。

ダンナ:
2008年11月に結婚した夫。
東京出身。

子猫:
2010年1月生まれの長女。
愛称は"ねこどん(HN)"

豆猫:
2012年6月生まれの次女。

 Author:あずさ猫

Links


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。