--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/09/27 Fri  12:17
医薬分業って

かつてこれほどダンナの名前をテレビで聞いた日があっただろうか
(いやない。)
あ、同姓同名(ってか漢字違うし。)の別人ですので念のため。
ご存じない方は気になさらずそのままで。

さて、子猫さん。風邪っぽい。幼稚園休んで3日目。
諸事情あって今日はかかりつけとは違う病院へ。
その病院へ行くには、30分に1本しかない激混みバスにゆられて5分。
もしくは徒歩だと子連れの足で30分。
でも一人で自転車でいくなら5分でいける。

だけど子猫&豆猫連れて自転車ではいけない。
熱のある子猫をたくさん歩かせるわけにもいけない。
ならば、30分に1本のキセキのバスしか選択肢はないわけで。
(はいそこっ。車は?とか免許有るんでしょ?とか聞かないっ)

診察が終わって、処方箋をもたされ病院をでたら、バスがすぐ来るみたい。
しかし手には処方箋。見渡す限り薬局はみあたらず。
右手にはマスクの子猫。胸にはぐずる豆猫。さぁどうする!?
とりあえず、一度帰って、近所の薬局にいくべ。
(この選択がまちがいだった。ねばって薬局さがせばよかった。)

で、バスを降りて自宅近所の薬局へ。
この薬局、以前私が風邪薬処方してもらって、
薬剤師さんに不信感があったので二度とくるかっ思ってたんだけど
背に腹はかえられず寄ってみた。
「この薬はおいてません」ってさ。
病院の近くのナントカ薬局に行ったらあるよってさ。げんなり。
で、とにかく家に戻った。その頃には豆猫泣きつかれて寝てた。

熟慮の末の苦渋の決断。
「単独で自転車で、病院近くのナントカ薬局に薬を買いに行く」
豆猫を安全な場所に寝かせ、子猫にはおかいつの録画と、
途中で電話をかけて様子見などの対策で約15分のお留守番。
(5分と10分の留守番は過去にも経験あり)
薬ができるのに20分かかるというので、後で取りに来ますと言って
帰って来ました。
1分たりとも留守番させたことありません(きりっ)っていうお母さん
尊敬しますというよりうらやましいです。
多分環境に恵まれてるんだと思います。

途中、かかりつけ病院の近くにあるいつもの薬局に寄ってみた。
(近いし早いし。)
「この中で、1つだけおいてない薬があるんです。どうします?」
どうやら、抗生剤と咳止めのうち咳止めがないらしい。
咳止めなら市販薬で代用しようかなとおもったら
「全部揃わないとお出しできないです。」
じゃあ「どうします?」って聞かんでよっ。
期待してしまうやん・・・・。

院内で処方してほしい・・・。
そういえば、産婦人科で風邪薬処方してくれたときは
ありがたかったなぁ・・・・。
病院行く人って弱者やん全体的に。
二カ所回るってやっぱいろいろ負担大きいと思う。
まぁ、メリットもあるんだとは思いますが。
スポンサーサイト

2013/09/19 Thu  09:55
ばっかりおすい

「ばっかりきぴぃちゃん」
子猫さんの夏用掛け布団(ただの大判バスタオル)の柄です。

キティちゃんがいっぱい描いてるんですが、
「ばっかり」という言葉の使い方、見よう見まねで使うもんだから
なぜか頭につける。
いや、言いたい事は伝わるけどね。。。。

そんでもって、ひらがなカタカナも断片的に読めるようになってきて
バス停の椅子に座っていたとき、足下にあったマンホールの蓋に
かいてあった文字を読めという。
「これは お・す・い」と教えた。

どうやらつぼったらしい。

家をでて道をあるけばほら「おすい」はいっぱい。
みつけるたびに「お・す・い」「お・す・い」って
嬉しそうに読み上げるの(汗)
「なんで?なんで、ばっかりおすい?」って無邪気に聞かれてもなぁ・・・。

もうちょっとキレイな言葉につぼって欲しかったわ。

あ、ちなみに「うすい」ってのも1つだけあって
違いに気がついたので一応ちゃんと読んでいるらしい。

2013/09/03 Tue  00:02
皿数重視

我が家の平日の朝食は、
ご飯とお味噌汁とお漬け物と野菜ジュースという質素な感じですが、
子猫さんだけ、トマトやチーズなど何か一品多くお皿が並びます。
手違いで、ご飯とお味噌汁しか並べなかった場合
「これしかたりない」(これしかないと足りないの意?)という
謎の言葉でおしかりを受けます。

夕食も、キッチンカウンターにできたものから並べているのに
作成途中でチェックが入り「これしかたりない。」
できたよというと お皿の数を数えて(最近数えられるようになった)
「これならたりる(^^)」と満足気。
だいたい5〜6皿あると満足してくれます。

そういえば、昔 叔母さんが言ってた。
「叔父さんが『夕食は必ずお造りとおかずを○種類以上作ること』とうるさい」と
まさにいまその叔母さんの気分です・・・・。

ちなみに子猫さんは、皿の数が重要で、中身には特にこだわりはないようです。

       ≫ 2013年10月

Nekological

Nekological
Nekological

Profile

あずさ猫

【猫一家紹介】
あずさ猫:
京都市生まれ・京都府育ち。
現在、横浜で専業主婦。

ダンナ:
2008年11月に結婚した夫。
東京出身。

子猫:
2010年1月生まれの長女。
愛称は"ねこどん(HN)"

豆猫:
2012年6月生まれの次女。

 Author:あずさ猫

Links


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。