FC2ブログ

2006/12/24 Sun  23:19
続・洗濯

一昨日は、PUZCULNET忘年会でした。
集合場所に集まったメンバーとともにお店へと向かう道で、
「そういえば猫さん。洗濯は終わったの?」
お店でもどなたかに「洗濯は?」
おそらく3名ぐらいの方に、聞かれてしまいました。
そういえば翌日ぐらいにも、携帯メールの方に「洗濯は終わった?」と
いうメールが届いていましたし(^^ゞ

とゆーわけで、そんなに面白くもないのですが、続きです。

ちなみに23:15での状況はこんな感じでした。
洗濯機は31分後に終了。
乾燥機は28分後に終了。

23:45
コインランドリーではちあわせするのやだな・・・と思いながらも
さすがに遅れていくわけにもいかず、袋をもって8階へ向かう。

23:48
コインランドリーには誰もいない。
そして中に入ると、洗濯機はまだ稼働中。
残り3分をさしていました。
(過去の経験から、コインランドリーのタイマーはあまり正確ではないと思う。)

そして、乾燥機は? と見上げると。驚いたことに「残り26分」の文字。
何がおこったのかすぐにはわかりませんでした。
でもわかっていることは、今から最低でも26分間は乾燥機が使えないということ。
袋に洗濯物をつめると 部屋に戻りました。

あの乾燥機に入っている洗濯物が、先ほどの男性のものでは
ないと考えることは無理があるでしょう。
とすると、男性が延長をしたとしか考えられません。
きっと私が来る前に登場し、追加の現金を投入して延長していったにちがいありません。
たいてい、乾燥機のデフォルトの時間では乾ききらないですから・・。

私の興味は、乾燥機のシステムにうつりました(^^;;
動いているのをみただけなので以下のことしかわかりません。
1.乾燥機はお金を入れると、30分間乾燥をするらしい。
2.残り時間が0分になると、表示は「CD」となり、クールダウンを
するらしい。
(途中で中断されたので何分かかるかわからないが3分以上はかかる。)

稼動終了まで3分の差があった、洗濯機と乾燥機。
洗濯機が残り3分なら、乾燥機は残り0分でちょうどクールダウンをはじめる時間。
仮に延長したのだとしても残り30分を指しているはずでは?
というのが私の疑問です。
どなたか、この謎がわかるかた 解明をお願いします。

0:00
と、どーでもいいことを考えつつ、乾燥機を使う気も失せた今。
ひとまずお風呂に入ることにしました。
お風呂に入ってしまうと、もう外にはでられません。

0:30
お風呂あがりにバスタオルを使い、明日の服を準備すると
部屋中の探索・・・。
このホテルのお風呂に、洗濯物をかける収納式の紐はないようです。
備え付けのハンガーは3本。多いほうですね(^^)
2本つかっていたのですが、1つにまとめると2本の空きがでました。
次に床にバスタオルを敷きます。
2本のハンガーとバスタオルに洗濯物を干して並べると、
お部屋乾燥機のできあがり(^^)
この部屋はとっても乾燥しているのです。

7:30
朝。
洗濯物はすっかり乾いていました。
めでたしめでたし。
スポンサーサイト

洗濯 ≪    HOME    ≫ 仕事納め

Comment

☆ 

与件から導き出されるのは
A.その男性は途中で乾燥機を止めてから再度乾燥機を使用した。
しかないと思われます。(タイマー不調の可能性は除く)

理由
1.その男性もあずさ猫さんに会うのは気まずかった。
2.従って、5分程度早めに到着し、乾燥機の蓋を開けて乾き具合を確認した。
 ・完全に乾いていれば当然持ち帰り。
 ・殆ど乾いていても持ち帰り。少し湿っているぐらいなら部屋でも乾きます。
3.ところがまだ乾いていなかった。
  5分程度では乾くとも思えず、しかも5分後にその場に居たくはない。
4.今コインを投入しても乾燥機が30分延長してくれるかは不安。
  しかも流石にあと20分ほどすれば乾きそう。
5.一旦終了して再度初めから乾燥機を回せば
  確実に乾燥し、気まずい思いもしなくて済む。
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

洗濯 ≪        ≫ 仕事納め

Nekological

Nekological
Nekological

Profile

あずさ猫

【猫一家紹介】
あずさ猫:
京都市生まれ・京都府育ち。
現在、横浜で専業主婦。

ダンナ:
2008年11月に結婚した夫。
東京出身。

子猫:
2010年1月生まれの長女。
愛称は"ねこどん(HN)"

豆猫:
2012年6月生まれの次女。

 Author:あずさ猫

Links