--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/05/29 Tue  18:56
未成年者略取

昨日は朝から大掃除。
子猫が寝込んだ1週間以上全く掃除していないので
えらいことになっていましたが、すっかりキレイになりました。
これが後に私の判断を狂わせることになろうとは。

夕方の事。
玄関のチャイムがなりました。
隣家の子(小2)Kちゃん。
いままでさほど交流もなく、家の前で会ったら挨拶する程度。

しかしながら、家にピンポーンと来たので何事かと思ったら
「家の鍵を忘れちゃったので、(うちの)鍵で開けてください。」とな?
最初意味がわからなかったので、とりあえず外にでてみる。
友達二人をつれて(男女各1名)、うちの鍵で開けてくれの一点張り。

いやいや、うちの鍵で開いたら怖いし。
私 お隣に入り放題。 いや逆にうちにも入られ放題?
そう説明しても なんか通じない。

しょうがないので、開かないことをやってみせてとっとと解放されようと
一緒に隣の家に行き、うちの鍵で開けようとしてみせる。
開かない(当然)
もう一回やって としつこい男の子。

ようやく理解したようで、時刻は17時少し前。
まだまだ明るいし、気候もよい。
家人の帰宅は18時頃という。
なら、3人で公園にでも行ってくれば?と
ようやく解放されました。

15分ほどして、ふと外をみると急な雨。
Kちゃんたちが 大慌てで家に帰ってきて家の前で傘をさしている。
ちょっとかわいそうになったので、うちに入る?と声をかけて
招き入れることになりました。
(Kちゃんだけなら最初から入れてあげたけど、見知らぬ子2人はちょっと抵抗が・・・)

空気を読んだ(?)男の子は 家に入って5分ほどで「やっぱり帰る」と
帰って行きましたが、残った友達の女の子の方が・・・・。
図々しい事このうえない。

まず、おせじにもキレイといえない靴下で、子猫のお昼寝布団に乗る。
子猫の前で、持参したチョコレートのお菓子を食べる。
子猫は食べたいと泣き出すし。かわいそうに(泣)
おやつを食べたら「何か飲み物ありますか?」(これはKちゃん)
リビング横の納戸のドアを「ここなぁに?」と勝手に開ける。(これもKちゃんか)
次に「2階に行きたい。」(当然却下)
そしたら「汚いの?」だって。

こらっ。
あなたたちはうちに遊びにきたのではなく、あくまでも雨宿り!!

うちにある子猫のおもちゃには飽きたらしく、荷物おいたまま
玩具散らかしたまま 「外で遊んでるね またくるね」
と去って行きました。
20分ほどして、親が帰ってきたといって
荷物をとりにきて、片付けもせず嵐のように去っていきましたが。

しかし、5年後ぐらいには、子猫さんも親のつきそいなしに
友達の家に行ったり、友達が家に来たり するはす。
躾はちゃんとしとかねばなぁ・・・・と思った出来事でした。

ところで、これ へたすると未成年者略取ですか??
スポンサーサイト

ナイスミドルに声をかけられた ≪    HOME    ≫ ちがいのわかる女2

Comment

☆ 一度味をしめると・・・

たまにいますよね、こういう(図々しい)子って。
上の子が小さい時、同じような経験しました。
一度味をしめると立て続けに何度もやってくると予想されるので、次回以降は冷たくあしらうべきだと思います。

☆ 

初回からその図々しさだとまた来ますよー。
次にやってきたらお客さんが来てるとか何とか理由つけてキッパリ拒絶しないと遊び場ルートに組み込まれるから気をつけてください。
ドア開けちゃダメですよ!ヤツらはドアの隙間から入ってきます!<経験談

うちは逆パターンで勝手に子供を招き入れて根掘り葉掘り家庭内のことを聞き出すご近所さんがいて困った経験があります。
親の許可がない時はよその家には上がらない!というルールを作って、そこのお宅にもきちんとその旨伝えて逃げ切りましたが…。

☆ 

経験談ありがとうございます。
幸い、うちの玩具には退屈したようで
ゲーム機などもないし(iPadはあるけど興味なかったらしい)
お茶しかでてこないし、楽しい家ではなかったとは思いますが・・・。
また鍵忘れた時に来そうだな。
全力で逃げるようにします(^^)

☆ 

昔子供のころ家に帰っても誰もいなくて家の前で待っていたら、隣の家のおばさんがいつも声をかけてくれて家の中に入れてもらいお茶やお菓子をもらって親が帰ってくるのを待ってました。近所のおばちゃんはみんな優しかった。時代が変わりましたね。

☆ 

>ケロちゃんさん
私も鍵っ子でしたが、よその家にいったことはないですね。

隣家とはまだお互い入居して年月もたっていないから信頼関係もできていない上に、
知らない子もいたのでさすがに躊躇います。
うちにはまだ幼い子供もいるし・・・・。
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

ナイスミドルに声をかけられた ≪        ≫ ちがいのわかる女2

Nekological

Nekological
Nekological

Profile

あずさ猫

【猫一家紹介】
あずさ猫:
京都市生まれ・京都府育ち。
現在、横浜で専業主婦。

ダンナ:
2008年11月に結婚した夫。
東京出身。

子猫:
2010年1月生まれの長女。
愛称は"ねこどん(HN)"

豆猫:
2012年6月生まれの次女。

 Author:あずさ猫

Links


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。